「ひと×いきもの」 2019年 東京都埋蔵文化センター

 毎年1回は見に行く 東京都埋蔵文化センター。今年の展示テーマは、「ひと×いきもの」。女房がパンフレットを持って帰ってきてくれました。印象に残ったところを引用させて下さい。また、*印の部分は、生禿の感想です。


 石錘や土器の破片を再利用した土器片垂は、魚を獲る網につける重りでした。
*旧石器時代や縄文時代は(というか、現代になる前はず〜と)、材料の確保も道具の制作も大変だったので、「もったいない」精神は当たり前でした。

 埋葬犬骨には骨折を治した例もあります。怪我を負っても大切に飼われ、死後は丁寧に埋葬されている事例から、縄文人は犬に親しみを抱いいていたと考えられます。

 汐留遺跡(江戸時代)からは、ダックスフンドやポインターの骨も見つかっています。
*幕臣(その一部は縄文人/荒脛巾の末裔)たちの狩猟への執念が伺われますね(荒脛巾については「続きを読む」にまとめました)。

 蛇は脱皮をすることから、成長や再生の象徴として。毒を持つ驚異として特別視されました。猪は、一度に4〜5頭の子供を産む多産の象徴として知られています。

 縄文時代中期前半は、蛇や人面を象(かたど)った例が多く見られます。鳥を象った把手を持つ土器は、中期末から後期初頭にかけて多く見られ、他の動物の意匠はほとんど見られません。





アラハバキは、荒覇吐・荒吐・荒脛巾の別名があります。荒脛巾神の神徳は、下半身の神/守護神/客人神/旅の神/足の神(*素戔男のイメージと重なる部分があります)。アラハバキの伝承地は、東北〜東海地方に点在しています。アラハバキを鎮座する神社は、荒脛巾神社(宮城県多賀城市)と大宮氷川神社(埼玉県さいたま市 *生禿が氷川神社の門客人神社によく行くのはこのためです)。氷川神社は、出雲の斐川にあった杵築神社から移ったと伝わり、出雲の流れを汲みます。また、氷川神社の主祭神がスサノオであるという明確な記述は江戸時代までしか遡れないそうです。

荒脛巾神の祠の中には客人神(門客神)としてまつられている例が多い。客人神については諸説があり、「客人(まれびと)の神だったのが元の地主神との関係が主客転倒したもの」(*つまり縄文人を弥生人が皆殺しにした)という説もある。

『東日流外三郡誌』の中で遮光器土偶の絵が示され、創作中でもそのイメージが利用される例も見られます。