TSMCは半導体地政学の要。創業者モリス・チャン氏が築き上げた半導体製造技術は、米中対立の急所を握っています。TSMCが中国への半導体供給を止めれば、中国のIT産業は停滞します。米国への半導体供給を止めれば、米国のIT産業の競争力は低下してしまう。TSMCの動向が米中の地政を動かします。TSMCは米中の間に挟まれて、バランスをとり続けることができるのだろうか?注目しています。


 以下に、ネット検索で拾った記事を時系列に並べてみます。

2019/6/5
米中対立、半導体受託大手のTSMCに試練
ファーウェイ向け受注減、揺らぐ成長戦略
日本経済新聞社

2020年5月18日
再燃した米中対立、台湾TSMCのしたたかな戦略
ロイター

2020.6.3
半導体の地政学#6
トランプ「超近視眼」中国企業制裁で刻々変化、日本企業のリスクとチャンス
ダイヤモンド編集部

2020年10月23日
半導体巡り米中の「縄張り」争いが激化−日欧も囲い込み図る
ブルームバーグ

2021年1月5日
台湾TSMC日本で新工場計画か 米中対立でリスク分散狙い
台北共同