死亡時の連絡先や遺品の整理など状況が変わるので、1年に一度はエンディングノートを更新しない遺された者が困ります。

 更新したものをリビングルームのボードに貼っておきます。「更新したよ」って言っても反応は無し。当然です。私に万が一のことがなければ見る必要のないものですから。

 必要な時は手遅れ。準備した時、その時は不必要なもの。そういう準備をキチンとしておく。限りある命を生きるとはそういうことです。死ぬべき存在であること意識するからこそ、真っ当に生きられる。そういう命であることに感謝!!!