女房との旅は、台風の中に突っ込んでいく旅が嫌になるぐらい多い。宗像の時も、吉備の時も。台風真っ只中に真っしぐら。どうなっているんだろう。

20210809AUs001
 大糸線で乗り継ぎ液の南小谷まで来ると … なんと!列車は走らないとの告知。どよめく乗客 ← といっても僕ら夫婦を含めて計8名。駅員さんが、タクシーで代替輸送しますとんもことだが、それでは糸魚川で乗る予定の新幹線には間に合わないのではないかと問い詰めると、落ち着き払って「大丈夫です」「列車より早く着きます」とのこと

20210809AUs005
 ピッタリ8名乗りのタクシーに乗ると、飛ばす飛ばす。曲がりくねった山道を、車酔いしそうな勢いでブっ飛ばします。

20210809AUs008 20210809AUs009
 糸魚川に着くと、予告通り新幹線に間に合いました。やれやれです。車窓から見ると台風接近が見えました。

 不思議なことに、富山に着くと、風はあったけれど、雨は休止。

20210809AUs013
 この間に夕食! 富山の百貨店の中に入っている「とんかつ花むら本店」で、「黒部の名水匠熟成ポーク」のとんかつを頂きました。

 富山を歩いていいたら、「塩倉橋」というのを見つけました。塩の道の起点なんですから、塩の倉ぐらいありますよね。

20210810X5s417
 ホテルの近くに富山城があるというので夜景でも見れるのかと思ったら … ご覧のようなあり様。部屋は広くてベッドが気持ちよかったからOKでしたが。