久しぶりに東博(東京都)に行きました。年パスを持っているのでたまには行かないとネ。

20210901IXYs002
 国立博物館で乃木坂46か〜。独立採算を迫れられて、博物館も大変なんです。

20210901IXYs003阿弥陀如来
 阿弥陀如来(善光寺式|鎌倉時代/福島如来寺)。善光寺の本尊はインド伝来とされます。

 歴史の教科書に書いてある物部守屋は「仏教を排斥した」は大嘘。蘇我氏以上に仏教を取り入れたという説がある。最古の仏教寺院の一つである天王寺に物部守屋のお墓があるのも、善光寺の本尊が秘仏であるのもそのためだと言われています。先の王家を滅ぼした極悪非道の者共が、自己を正当化しようと「正史」を作ります。だから「正史」=出鱈目は歴史の必然というわけでしょう。

20210901IXYs007不動明王立像
 不動明王立像(平安時代)。ぽっこりした柔らかい体型が可愛い?

20210901IXYs008不動明王立像
 不動明王立像(平安時代/京都-妙法院)。天台宗の不動明王の特徴が認められます。ちょっと変な顔ですよね。

20210901IXYs014縄文晩期.JPG
 土偶(縄文晩期/静岡県-上長尾夕宮)。愛嬌のある姿が魅力的です。

20210901IXYs012十一面観音立像
 十一面観音立像(模造|平安時代)。クビレなどが魅力的な肉感。この手つきはなんだろう?

20210901IXYs010縄文中期.JPG
 深鉢形土器(縄文中期/山梨県-稲坂町)。美しい文様です。こういうものが縄文の美意識です!

20210901IXYs016甲冑形埴輪
 甲冑形埴輪(模造|宮崎-西都原/古墳時代)。虚ろな顔が凄みがあります。甲冑らしい雰囲気ですね。

20210901IXYs018鍬を担ぐ男子.JPG
 鍬を担ぐ男子(古墳時代/群馬県-権現山)。よくある情けない顔の埴輪です。弥生人って、情けない人達なんだな〜って実感します。

20210901IXYs020サシバ.JPG
 サシバ(古墳時代/群馬県/権現下)。貴人に差し出す大型の団扇。尊顔の前にかざしてもったいをつけた演出用具だといいます。

20210901IXYs022挂甲の武人
 挂甲の武人(古墳時代/栃木県-鶏塚古墳)。太刀を抜こうとする姿。

 平成館のビデオコーナーでは、法隆寺の救世観音と百済観音を8Kの高解像度で見せてくれました。百済観音は昨年、特別展で来ていたのに、コロナ禍で結局は公開できず、帰ってしまいました。女房がとっても残念がっていたことを思い出しました。残念がるだけの作品であることが伝わってくる映像でした。

20210901IXYs025十一面観音
 聖林寺十一面観音菩薩(模造)本物より明るくてじっくり見られるので、こちらの方が良いかも …。

 特別企画「イスラーム王朝とムスリムの世界」では、新しい知見が得られました。チンギス・ハーンの指揮下、モンゴルの遊牧民は勢力を拡大。フラグは自らイル・ハーン朝を興します。ティムール朝を興したティムールも、チンギスの女性を娶りました。ムスリム世界とモンゴル帝国の関係は興味深いですね。

20210901IXYs029エナメル彩人物文鉢
 エナメル彩人物文鉢(イラン/13世紀)。お姉さんが可愛い!(^O^)!

 さて、不忍池を散歩して、昼食にしましょう。