私が教えているのは薬学部。キャンパスには付属の薬草園があります。講義前にのぞいてみました。

20230929SXs007コウモリカズラ
 シオン(用途:鎮咳)。のど飴で「シオン入り」といのを見たことがないのですが … 苦いのかな?

20230929SXs004シオン
 コウモリカズラ(ツヅラフジ科|用途:防巳)。日本では、この用途は無いとか。効かないのかな?

20230929SXs009 20230929SXs012
 立札が無いので何かは分かりませんが、ピーマンの仲間なんでしょうか?

20230929SXs013
 キキョウ(用途:排膿)。これを見ると、花姿と効能は別物だなあと感じるのです。

20230929SXs020
 ミソハギ(用途:収れん)。モンキチョウが一瞬花に止まってくれました。

20230929SXs027 20230929SXs028
 名前が表示されていませんでしたが … 綺麗だから栽培したっていう風情です。

Takeo Aoki さんから教えて頂きました。青いのは「クリトリア」(フランス語の意味は女性器)。赤いのは「モミジバアオイ」だそうです。そうだったのか!クリトリスだったんですね。心惹かれる訳です。

20230929SXs029 20230929SXs031白花曼珠沙華
 彼岸花(用途:浮腫)は、有毒植物として有名ですね。つまり薬になるということです。白花曼珠沙華は、彼岸花とシュウキランの雑種。そうなんですね。

20230929SXs033ローズマリー
 ローズマリー(シソ科|用途:香料)。薬学部には化粧品を研究している先生もいるのでこういうものも栽培しています

20230929SXs039
 温室の大きな水槽には、どういう訳か、数年前から金魚が。どんどん大きくなって、今や小さな恋です。水恋も微笑んでいます。

20230929SXs043 20230929SXs041
 キャンパス下の橋(少しのぞいているのが校舎)。河辺に咲く彼岸花の色が鮮やかです。巾着田(埼玉県)もそうですが、川辺は彼岸花がよく育つのでしょうか?

 講義は順調。マーケティングは「専門知識」ではなく「一般教養」。知識なんぞで通用するような薄っぺらなものではありません。人間力を含めて、統合された知性と見識が求められる分野であることを教えています。薬学のように簡単じゃないんです。勿論、実際に薬剤師として患者さんに対する時は、薬学の知識は「何の役にも立たない」に近くなります。だから、私が教えているのです。

20230929SXs045
 最寄駅への道沿いには様々な花が咲いてきますが、今はなんといってもコレ。カンナです。