休日に、気になっている映画「キューリー夫人」を観ようと調べたら、立川の映画館1館しか上映していないことが判明。どうでもいいエンターティメント映画はそこらじゅうで上映しているのに、良い映画は遠くのその映画館でしかやっていないなんてことは頻繁にあって、観たい映画はなかなか観られないと、女房も嘆いています。

 そんなこともあり、今はノウハウ移転のためのノートを一生懸命書いています。対象メンバーは、必ずしもマーケティングに精通しているという訳ではないので、高度な分析と企画の技を、いかに平易に説明するかが課題。しかも、私は教えるのは大好きなのに、やさしく解説するのは得意とは言えません。

 多くの先人が教える通り、こういう場合は、事例という物語を語り、知識と意思の一端を共有するのが先決。そして、その事例から学べる知見と手法を知識として一般化して学ぶ。その後、一緒に業務を協働し、その具体手順を習得する。最終的に、ノウハウの受け手が、標準パッケージを作って、ノウハウ移転は完了です。

 今書いているのは、事例の物語から一般化して学ぶ知識の概要の部分です。一週間けっこう詰めてやって、やっと三分の一ぐらいできました。まだまだ先は長い。とはいえ、スケッチはだいぶ進んだので、ここからの筆は速いのではないかと思います。

 集中してず〜と書いていると、フッと急に疲労感が襲ってくることがあります。休日なので、女房と買物に行き一緒に外でランチしました。

20221106AUs002

 団地丘陵の途中の彼紫陽花の葉っぱ。なかなか剛直な?紫陽花で私のお気に入りです。