腰に帯びることはできない、背負い刀。実用性はともかくデカイ長船兼光の大太刀を観に行きました。

20221006Ps001菩薩
 菩薩立像(鎌倉時代)。制作当時の金泥が残る貴重な作例。何度見ても美しい像です。

20221006Ps006文殊.JPG 20221006Ps008
 菩薩騎獅像&従者立像(鎌倉時代/奈良-興福寺)。渡海文殊の群像。獅子の手綱を引くのは于てん王。

20221006Ps013法隆寺塔本塑像
 特集「東博草創期の模写・模造」の中の、法隆寺塔本塑像 女子坐像(模造)。

20221006Ps018大時計.JPG
 大時計。大理石を浮き彫りにした華麗な装飾が施されています。

20221006Ps024薬事.JPG
 薬事如来立像(飛鳥時代)。あの那智山の経塚から出土した金銅仏。どんな由来なんだろう?

20221006Ps026菩薩
 菩薩立像(飛鳥時代)。朝鮮半島の金銅仏を模したもの。大きな頭と薄い体は、古代の金銅仏の特徴です。

20221006Ps032 20221006Ps033
 これは何?腰の衣を巻くもの?肩にも妙な出っ張り … 不思議ですね。

20221006Ps036長船兼光.JPG
 太刀 長船兼光(南北朝時代)。長船兼光の代表となる大太刀。身幅の広い豪壮な太刀姿です。これは何なんだろう?

20221006Ps038白瑠璃椀
 特集「未来の国宝」で展示されていた白瑠璃椀(古墳時代/ササン朝ペルシャ)。吹きガラスのカットグラス(切子ガラス)。正倉院御物にもほぼ同一規格のものが伝来しています

20221006Ps043
 雨に煙る庭園。雨が上がったら動物園に行こうと思ったのですが、この日の昼間中降っていて、遂に動物園には行けませんでした。

20221006Ps044ハート型土偶 20221006Ps047
 ハート型土偶(群馬県-郷原/縄文後期)。土中の石囲いの中に横に寝かされた状態で発見されました。顔をよく見ると「豚鼻」なんです。何だろう?

20221006Ps049 20221006Ps051
 埴輪 裸の女子(古墳時代/栃木県-鶏塚古墳)。アメノウズメノミコトを彷彿とさせる姿。後ろ姿がムッチリ系でエロさはある。

20221006Ps055
 女陰の表現がやっぱり変。クリトリス?デカ過ぎ!とにかくこんな変な女性器はないよね。

20221006Ps059片手を挙げる
 埴輪 片手を挙げる女子(群馬県-赤堀村)。女性を乳首をポチっとくっつけて表現するのはどうして?乳房は要らないの?乳首だけでは、子供におっぱいをあげるのには役に立つけど男は納得しないよね。

20221006Ps063
 特集「博物館広報のあゆみ」にあった創立150年を記念したポスター。「150年後もお待ちしています」が印象に残りました。

20221006Ps065老猿
 老猿(高村光雲/明治26年)。左手に鷲の羽を握り締め、上方を見据える。大鷲と格闘した直後の気迫に満ちた姿。不自然なんだけど … 。

20221006Ps068燿彩鉢
 燿彩鉢(三代徳田八十吉/昭和59年)。数十種類の釉薬を組み合わせた色彩の濃淡。

20221006Ps072金胎仏画帳
 金胎仏画帳(平安時代)。冊子の1頁に1尊の仏の姿が描かれる。100頁を超える冊子の中の、拘魔羅童子と歓喜天。

20221006Ps076辰神.JPG 20221006Ps079
 十二神将立像(鎌倉時代/京都-浄瑠璃寺)十二神将の内 辰神。十二神将は薬師如来に従う守護神。運慶系統の仏師の作。今回は私の生まれ年である辰を取り上げてみました。