娘と女房と花見です。コロナ・ヒステリーで引き籠もりの娘も誘い、家族3人で狭山湖へ。

20200405X5s004
 家の前の林の緑は深さを増し、春たけなわ。とは言え、人々は家に閉じこもって春を楽しまず … 。免疫力を下げて、感染爆発に貢献しています。ちょっと気を遣えば、散歩しても感染の心配は無いのにね。

20200405X5s005 20200405X5s021
 団地緑道を草木を眺めながら散策。3人で歩くのは久しぶりです。

20200405X5s041 20200405X5s064
 狭山湖に着くと、案の定、人影は疎ら。犬の散歩の方がチラホラ。老夫婦で散歩という微笑ましい風景がせめての救いか ?(^▽^)?

20200405X5s070 20200405X5s078
 天気予報では曇りだったのに、風が強くなり、黒雲が広がり、小雨がパラついてきました。

20200405X5s080
 狭山湖の堤は工事中です。回収する必要は無いのでは … と思うのですが。予算が余ったのかな?だったらやるべきことは幾らでもあるでしょうが … 。ちょっと解りません。

20200405X5s084
 少し水嵩が増して背が低くなった取水塔。どんよりとした湖にジッと控えています。

20200405X5s095 20200405X5s107
 いつものアドリアーノ(イタリアン‣レストラン)で昼食。生禿は渡り蟹のパスタです。

20200405X5s110 20200405X5s113
 女房のアンチョビとキノコのピザも少し頂いて、デザートはモンブラン。雰囲気の良い店で、美味しいものを食べる。生命が活き活きと … 健やかというのは、こういう生活のことです。

20200405X5s119 20200405X5s125
 「重文を掻き集めたる地上げ寺」。その名も「不動(産)寺」です。女房が娘に、数々の重要文化財のご説明を講釈しております。 さて、本格的に雨になる前に帰りましょう。