今回の講義は、この科目のハイライトの一つ「感情を勘定する」がテーマ。経済学は「効用=感情をどうやって計測するか」という工夫と、銭勘定=会計の基礎となる費用の考え方が土台になっています。なのですが、この二つをきちんと説明できる先生はほとんど居ません。少なくとも私の出身校の早稲田大学にはいらっしゃいませんでした。そこで、慶応大学の辻村幸太郎先生の講義を受け(無許可で)、(先生にご許可を頂いて)研究室に入り浸って、あのサミュエルソンが激賞した「効用関数の実測」について、熱い議論を交わさせて頂きました。だから私の経済学は、世界で初めて効用関数の実測に成功した辻村先生の直伝なんです。それを基礎にしないと、薬学部で教えるべき「QOL(生活の質)≒健康に基づく幸福の測度」を論ずることは不可能です。残念ながら、日本のQOL研究者は、経済学の基礎を理解していないので、QOL計測の基本的な考え方を理解していません。これが、私が薬学部に非常勤講師として招聘されている最大の理由です。

 ですから、この回は大きな山。講義を終わると役割を果たした感があってホッとします。という訳で、余韻を味わいながらのお散歩が恒例になっています。

 お散歩の前にまず昼食。教員食堂が閉鎖されているので、学生食堂で学生たちと一緒に並んで、衝立のある味気ないテーブルで、大勢の中で「独りぼっち」です。次回からは、私の講義を履修してくれている学生とカフェで食事ができるといいな〜。

20211008IXYs039 20211008IXYs042
 大学の裏の丘は杉林の遊歩道になっています。

20211008IXYs044
 その脇には体育館。かつてはこの建物は無く、林が広がっていたのですが … と言う訳で、体育館を逆光で撮ってみました。

20211008IXYs051 20211008IXYs056ボレロ
 大学内には薔薇園があります。ピンクのは「ボレロ」という品種だとか。

20211008IXYs060サニーノックアウト.JPG
 これは「サニーノックアウト」。薔薇園にはたくさんの薔薇が植えられていますが、最近は手入れが悪くなって、綺麗に咲いてくれません。道楽で作った薔薇園ですから、状況が厳しくなれば … し方ないですよね。

20211008IXYs066
 キャンパスから下って川沿いの道へ。橋の向こうに見えるのは工事中の建物です。

20211008IXYs076
 朝は見逃していたのですが、毎年、秋になると刈り取った稲藁を干していた田圃が、草だらけ。背高泡立草の繁殖力ですから、休耕田になったらアッという間にこうなります。農業を継ぐ人が居なかったのでしょうか?ここが田圃だったとは、以前を知る人以外には想像もできないでしょうね。

20211008IXYs078 20211008IXYs080
 鷺たちが居る場所、川が曲がり、広がって、堰もある場所に近づきました。居ます!

20211008IXYs085 20211008IXYs090
 そっと音を立てないように堰に近づくと、いつものように堰の前、魚を狙い易いスポットに、白鷺さんが長い首を動かしています。ですが、周りを見渡しても、蒼鷺くんは居ません。朝は白鷺さんをナンパしに来ていただけなんでしょうか?

20211008IXYs091
 白鷺さんの美しい姿が見られてので、駅に向かいます。途中には、こんなハンカチの花(?)も咲いています。

20211008IXYs093 20211008IXYs094
 駅の裏はお墓。六地蔵と観音があります。駅近でお参りが捗(はか)るのは、田舎の駅ならでは。そんなことに感心していたら、電車を一本の逃してしまいました。単線なので次の電車までの時間は長い。喉が乾いたので、自販機の「午後の紅茶」しました。